高松宮記念


Machico 大西沙織 和氣あず未ウマバコ2 ダイ1コーナー アニメ ウマムスメ プリティーダービ…

ヤングジャンプコミックス 久住 太陽 杉浦 理史 集英社ウマムスメ シンデレラグレイ クズミ タイヨ…

ヤングジャンプコミックス 久住 太陽 杉浦 理史 集英社ウマムスメ シンデレラグレイ クズミ タイヨ…

春の古馬スプリントチャンピオン決定戦であるとともに、春のGI競走シリーズの始まりを告げるレースともなっている。

4歳(現3歳)以上の馬による重賞として1967年に創設された「中京大賞典(ちゅうきょうだいしょうてん)」が、本競走の前身。1970年に高松宮宣仁親王から優勝杯が下賜されたのを機に、1971年より「高松宮杯(たかまつのみやはい)」に改称のうえ新設。同年より中京競馬場に新設された芝コースの2000mで、夏の中京開催を飾る中距離の名物競走として施行していた。この間、1984年にグレード制が導入された際、GIIに格付けされている。

1996年に中央競馬の短距離競走体系が改善・整備され、本競走は距離を芝1200mに短縮のうえ施行時期も5月に変更し、GIに格上げ。これにより、中央競馬のいわゆる「中央場所(中山・東京・京都・阪神)」以外の競馬場で初めて行われる常設のGI競走として、春の短距離王決定戦に位置づけられた。

その後、1998年には現名称に改称され、2000年には施行時期を3月に変更。競走条件も「5歳(現4歳)以上」に改められた。

2005年に創設された国際スプリントシリーズ戦「グローバル・スプリント・チャレンジ」に2011年から構成レースのひとつとして加わり、2013年まで第2戦(2014年から2017年までは第3戦)として行われていた(2017年を最後に休止)。

外国産馬は1989年から、地方競馬所属馬は1996年から出走可能になり、2001年からは国際競走となって外国馬も出走可能になった。2007年より国際GIに格付けされている

競走条件

以下の内容は、2021年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(出走資格のある馬のみ)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:定量(57kg、牝馬2kg減)

コメント

タイトルとURLをコピーしました