弥生賞

重賞

弥生賞ディープインパクト記念(やよいしょうディープインパクトきねん)は、中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。

ディープインパクトは、無敗でクラシック三冠を制するなど史上最多タイ(当時)のJRA・GI7勝を記録し、2008年には顕彰馬に選出され、種牡馬としても2012年以来10年連続リーディングサイアーを獲得するなど輝かしい実績を残した。

3着までの馬に皐月賞の優先出走権が付与されるトライアル競走。1982年から1990年までは5着までに優先出走権を付与していたが、1991年から3着までに改められた。

1964年に「弥生賞」として創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞競走で、当初は中山競馬場、芝1600mの別定戦で行われた。負担重量は1971年より馬齢に変更、施行距離やコースは幾度かの変遷を経て、1984年より中山競馬場、芝2000mに変更。これにより、クラシック戦線に直結する重要な前哨戦として位置づけられた。

2022年レース結果



馬名性齢斤量騎手タイム着差
単勝
オッズ
馬体重
(増減)
1810アスクビクターモア牡356.0田辺2:00.536.7474(-4)
267ドウデュース牡356.0武豊2:00.5クビ12.2504(+8)
366ボーンディスウェイ牡356.0石橋脩2:00.61/2925.5494(0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました