競馬新聞 競馬専門誌『馬サブロー』

競馬新聞 競馬専門誌『馬サブロー』

販売価格:500円
創刊:1999年
発行:神戸新聞社
発売地域:関東

 

【PR】

 

馬サブローとは

 

馬サブローは神戸新聞社が発刊している競馬新聞、競馬専門紙であり、「デイリースポーツ特別版」のクレジットが入るものが正式で、「デイリー馬サブロー」とも言われます。
馬サブローは中央競馬の最大開催となる3会場開催の全36レースの情報を掲載するという趣旨により、名前が馬36(サブロー)になったと言われています。
その名の通り開催時は全レースの情報が掲載してあり、現在はon-lineでの提供も行っています。
インターネット競馬新聞としての利用者数はナンバーワンという広告もあり、on-lineにも力を入れている事がうかがえます。
馬柱は縦読みの馬柱となっています。
また、通常の競馬新聞、競馬専門紙に比べ、若干小さい大きさになっているので取り回しし易いという声もあります。

 

【PR】

 

馬サブローの予想情報

 

≪本誌予想(馬連・馬単)≫
馬柱のやや右下に本誌予想が掲載されており、馬連、馬単の予想が掲載されています。馬単の場合には表裏を買う馬券、買わない馬券で分けてあり、表記例として表裏買う場合には2=4、買わない場合には2-4、という様に記載されています。点数は小頭数で6点から多頭数で8点程度となっています。

 

【PR】

 

馬サブローの掲載情報

 

馬柱の右下にレースの傾向として混戦、単勝有力、三つ巴等、分かりやすいレース展望、力関係の記載があります。

 

≪本誌の見解≫
有力馬を数頭ピックアップしてあり、ピックアップしたその理由についてのコメントが掲載されています。また、【自信度】として【自信度A】や【自信度B】という様に自信のあるなしについての記載もしてあります。

 

≪出走情報≫
調教師や調教助手等の関係者のコメントが掲載されています。

 

≪展開予想≫
図解にてどの馬がどのポジションでレースを運ぶのかを馬番を用いて展開予想をしてあります。

 

≪SP指数、厩舎情報、調教過程≫
SP指数、厩舎情報、調教過程でそれぞれ上位と思われる競走馬5頭を馬番にてピックアップしています。

 

≪調教情報≫
馬番、馬名に一言のコメントありでの調教内容、調教タイムが掲載してあります。調教欄としてスペースがしっかりととってある為、調教内容を見やすい構成になっています。

 

≪予想オッズ≫
競馬専門紙は発行の作業がある為、当日ではなく以前の情報となってしまいます。その発行前段階での予想オッズが掲載されており、実際のオッズと比べる事で発見がある事もあります。

 

≪オーラス大逆転≫
最終レースで大逆転を狙う為の推奨馬を数頭挙げてあります。

 

≪コラム≫
多数のコラムが掲載されており、坂路調教やスピード指数、騎手等、それぞれの記者の持ち味を活かした視点からのコラムとなっています。

 

【PR】

 

馬サブローの総評

 

馬サブローは予想の掲載数は少ない競馬専門誌となっています。
その分、調教や指数等の情報量や多彩さがあり、競馬新聞、競馬専門誌を利用して予想をするというスタイルに合う競馬新聞と言えます。
コラムにて、毎レースではなく競走馬、もしくは対象レースとしてピックアップしてあり、狙うところでしっかりと狙いたいという点は一つの特徴とも言え、ハマれば高配当も狙える情報も多くあります。
予想にそのまま乗っかりたい人よりも、予想に利用したい、もしくは予想を見てアレンジを効かせていきたい人向きの競馬新聞、競馬専門紙と言えるかもしれません。

 

【PR】

 

※内容については変更があったり、シーズンや重賞開催等によって変わる事もございますので、あくまで参考例としてご覧下さい。