競馬新聞 競馬専門誌『勝馬』

競馬新聞 競馬専門誌『勝馬』

販売価格:470円
創刊:1962年
発行:立馬株式会社
発売地域:関東

 

勝馬は都内に拠点を置き、関東及び東日本を中心に中央競馬、南関東競馬の競馬専門誌を発刊してしている立馬株式会社による競馬専門紙です。
勝馬onlineとしてインターネットへの展開も行っており、「馬単を一番当てている新聞」といううたい文句も掲載されています。

 

【PR】

 

勝馬の予想情報

 

≪本誌予想(馬連・馬単)≫
・馬連、馬単に対応した買い目で小頭数時は6点、通常は7点

 

≪本誌予想(枠連)≫
・枠連で5点程

 

≪本誌3連複≫
・軸固定ではなく、9点程の買い目を掲載

 

≪本誌3連単作戦≫
・3連単フォーメーションで1頭目(1着)に3頭、2頭目(2着)に3頭、3頭目(3着)に6頭~7頭というフォーメーションで20通りから30通り程度の買い目を出しています。

 

≪各トラックマン予想(馬単)≫
各トラックマン(各レース6名程)による馬単予想でそれぞれ7点ほど

 

【PR】

 

勝馬の掲載情報

 

基本的な馬柱で縦読みの馬柱での掲載です。
レースの展望として「小波乱」「波乱含」「上位拮抗」等の掲載もあります。

 

≪レース展開≫
・出走馬がどの位置で競馬をするのか予想してあり、馬番と枠番、馬名の一部に各トラックマンの印、そこにタイム指数を加えた図解が掲載されており、展開予想に特化したものとなっています。

 

≪穴のポイント≫
・展開有利、適距離(距離適性)、馬場(芝、ダートや馬場状態等)の項目で能力上位と予想される馬を馬番で記載してあります。

 

【PR】

 

≪うまやの話≫
・調教師や調教助手のコメントですが、取材した際のコメントから強気を◎、弱気を△としてそれぞれ掲載されています。

 

≪調教≫
・調教内容と調教についてのコメント、タイムが掲載されています。また、調教から注目馬をピックアップしており、調教から有力と思われる馬が分かる様になっています。

 

【PR】

 

勝馬の総評

 

馬単が一番的中している競馬専門紙という事で、馬単の予想が多いのが特徴となっています。
馬単の予想は馬連の予想にアレンジしやすいので、馬連、馬単での馬券購入が多い方にとっては良い競馬専門紙かもしれません。
3連複や3連単の予想では軸を利用した買い目でない為、3連系が好きな方にとっては少し不満かもしれませんが、その分有力馬をしっかりと掲載してあるので調教、コメントから予想をする分には十分な情報量が掲載されています。

 

【PR】

 

※内容については変更があったり、シーズンや重賞開催等によって変わる事もございますので、あくまで参考例としてご覧下さい。