安田記念の傾向と予想ポイント

安田記念の傾向と予想ポイント

競馬場:東京競馬場
距離:1600m(芝)
コース:左回り
年齢性別:3歳上(牡・牝)
開催時期:6月
国際 指定

 

【PR】

 

安田記念とは

 

安田記念とは東京競馬場芝1600mのマイルで競われるG1レースで、春のマイル王決定戦という位置付けで秋のマイルチャンピオンシップと並ぶマイラーにとっての大目標のレースの一つとなります。過去に多くの名馬が勝ちを収めているレースでもあり、スピード、スタミナ、瞬発力を高いレベルで求められるレースでもあります。
短距離、マイル、中距離と様々な路線からの参戦も多く、その為に予想が難解になったり荒れたりといった傾向も多くあります。

 

【PR】

 

安田記念の傾向と予想ポイント

 

安田記念では近年では1番人気、2番人気のどちらかは連対している事が多く、荒れた時はヒモ荒れというケースが目立ちます。
人気馬がきちんと連対しても人気薄が絡む事が多く、3連単の予想が難しいレースという傾向もあります。

 

ステップとなるレースが多く、秋のマイルチャンピオンシップから休み明けというパターンもありますが、その連対率は低く、3月~5月にレースに使ってからというのが基本線となっています。
連対率が高いものの3着の排出は少ない京王杯スプリングステークス、連対率は高くありませんが3着まで視野を広げた複勝率の高いマイラーズカップが主要ステップとなっています。
3歳戦のNHKマイルカップや大阪杯等のG1、そして海外レースからの参戦もあるので、ステップはあくまで参考程度で見ていくというのもありでしょう。

 

年齢的には4歳から6歳までは出走頭数に対しての割り合いで見れば横一閃という傾向にあります。
重賞実績では、過去に国内G1を2勝以上していた競走馬は好走率が高く、G1馬が好走するケースが多いので人気を落としていても注意したいところです。
逆に予想の線引としてはG1は勝ちか連対、G2以下ならば勝った実績はほしいところです。
また、東京でのマイル戦や1800mのレースで好結果を残している東京競馬場と相性の良い競走馬は注意しておきたいところです。
また、マイルチャンピオンシップの勝馬が安田記念では負ける事は多く、同じマイルでも求められる能力に違いがある事もポイントとなっています。
決着は逃げ切る事は稀で、先行を含めて前での競馬よりも差し、追い込みの方が多く決まっている傾向にあります。

 

【PR】

 

安田記念のおすすめ予想

 

安田記念はヒモ荒れするケースが多く、馬連と3連系では傾向に差があります。
単勝や馬連や馬単であれば実績、実力のある上位人気を軸に相手は人気薄まで、3連系ではヒモ荒れが多いので軸を絞って相手を広めにという戦略が良い傾向にあります。
荒れた時は二桁人気馬が絡んでいる事も多く、近年でも数回30万オーバーの万馬券になった事もあるので穴党は積極的に狙っていきたいレースです。
荒れた時の主役はマイラーズカップ組、東京での重賞実績が高かったという事が多く、近走の成績よりも実績はあっても近走では負けて人気を落としている競走馬が狙い目となっています。
馬連や馬単では人気馬を軸に人気薄に流し、3連系では人気と実力を見て軸に、相手には2桁人気を見限らずに過去の東京での実績やマイル実績から相手は手広く選んでいくというのが攻め方になりそうです。

 

【PR】

 

2017年の検証結果からの安田記念

 

1着 サトノアラジン 川田将雅 7番人気
2着 ロゴタイプ 田辺裕信 8番人気
3着 レッドファルクス M.デムーロ 3番人気

 

2017年の安田記念は7番人気のサトノアラジンが1着、8番人気のロゴタイプが2着、3番人気のレッドファルクスが3着と荒れたレースになりました。
荒れた要因として上位人気となったマイラーズカップ組のイスラボニータとエアスピネルが負けた事でしょう。
連対率は高くないマイラーズカップ組がここも連対出来ず、連対率の高い京王杯スプリングステークスから勝ち馬が出た結果は傾向通りだったと言えます。
1着のサトノアラジンは皐月賞1着からG1勝利はなかったものの、1600m戦では好走実績が多く、東京競馬場ではマイル辺りの距離では好走していました。
2着のロゴタイプも同様に前年の安田記念を勝っていますし、3着のレッドファルクスも東京競馬場では好走例の多い馬でした。
人気にならなかった要因としてレッドファルクスはスプリント戦が主戦場だという事、ロゴタイプは7歳という年齢と未知数な部分、サトノアラジンは1400mのスペシャリストの印象が大きくマイルでの実績に乏しいという側面がありました。
ただこういった側面はどの競走馬にも当てはまり、前年でモーリスが引退したためマイル路線は混戦となっていた事もあって予想としては難しい部分があり、マイラーズカップで好走した実績馬2頭が人気になった要因としてあります。
傾向として当てはまらなかったと言えるのは2着のロゴタイプで、7歳という年齢、前走が中山記念で休み明けという点で前年の覇者でも未知数な部分がありました。
2017年のレースの結果とこれまでの傾向として相対的に見ても京王杯スプリングステークス、マイラーズカップ、そしてG1からの参戦が中心になった傾向にあるので、引き続き注目していきたいところです。

 

 

2018年の検証結果からの安田記念

 

1着 モズアスコット C.ルメール 9番人気
2着 アエロリット 戸崎圭太 5番人気
3着 スワーヴリチャード M.デムーロ 1番人気

 

2018年の安田記念は9番人気のモズアスコットが1着、2着に5番人気アエロリット、3着に1番人気のスワーヴリチャードが入りました。
傾向としては昨年に続き、人気馬が連対するという傾向では、人気馬が連対出来ませんでした。
ただ、1番人気が馬券圏内に来てのヒモ荒れという方向性での傾向はありました。
ステップとしては大阪杯からスワーヴリチャード、ヴィクトリアマイルからアエロリットと前走G1から参戦のパターンは再度注目というのがポイントになるでしょうか。
勝ったモズアスコットは有力ステップのマイラーズカップからオープンを挟んでので参戦でしたが、厳しいローテーションになっている為、このパターンは重要視するポイントにはならなそうです。
京王杯スプリングステークス、マイラーズカップ組も掲示板には来ていますが、昨年の様に馬券には絡めずという結果となりました。
傾向としての変化、ポイントとしてはG1参戦組とステップ組の能力の見極めというのポイントになると言えそうです。
また、G1馬の活躍、復活が近年多く見られるので、人気以上にG1馬に注意していくのが予想のポイントにもなっていきそうです。