ヴィクトリアマイルの傾向と予想のポイント

ヴィクトリアマイルの傾向と予想のポイント

競馬場:東京競馬場
距離:1600m(芝)
コース:左回り
年齢性別:4歳以上(牝)
開催時期:5月
国際 指定

 

【PR】

 

ヴィクトリアマイル

 

ヴィクトリアマイルは古牝馬(4歳以上の牝馬)が出走出来る2つの牝馬限定G1の一つであり、エリザベス女王杯の2200mに対し、距離がマイルの1600mとなるこのレースは距離の短いところが得意な牝馬にとっては大きな目標となるレースとなっています。過去にはG1での最高となる超高配当万馬券が出たレースでもあり、荒れる時は荒れるレースとなっています。
短距離、マイラー、中距離とそれぞれの路線から参戦する為、予想が難しいレースというのもその要因の一つとなっています。

 

【PR】

 

ヴィクトリアマイルの傾向と予想のポイント

 

近年の傾向として、二桁人気馬の連対率の高さ、7番人気以下の激走と、波乱の起こったレースは多いものの、3連単での10万馬券となるとそれほどでもないというのが一つの特徴にもなっており、過度な高配当狙いよりも中波乱からという傾向となっています。
人気では1番人気はそれなりに走っていますが2番人気~4番人気の上位人気馬の連対率は良くなく、人気馬の見極めが大きなポイントと言えます。
年齢では4歳馬の成績が良く次いで5歳馬、6歳馬以上となると連覇したストレイトガールが目を引きますがそれ以外の馬では実績が芳しくないので6歳馬以降は実績馬でない限りは割り引くもの一つの手となりそうです。

 

ステップとしては、阪神牝馬ステークスを使う例が多く、実績も出ています。
ただ、阪神牝馬ステークスでの着順が比例していない事も多く、それが波乱の一因となっています。
しかし、阪神牝馬ステークスも距離が1400mから1600mに変更された事で、その傾向が弱まる可能性も十分にあります。
他に、G1に昇格した大阪杯やドバイ等の海外参戦からの出走も好成績を残しています。
逆に同じマイル戦となるマイラーズカップ組は近年不審となっています。
ヴィクトリアマイルはリピート率の高いレースでもある事から、前年上位の馬もポイントである他、東京開催のG1や、重賞であれば1800m以上の距離での実績があれば注意で、舞台である東京での連対率の高い馬も注意しておきたいところです。
産駒としては父か母父にスプリントG1の実績がある競走馬に好走例が多く、キングマンボ系の血が入っている競走馬も好成績をおさめています。
決着は差し、追い込みが多いですが近年は先行、逃げも決まっており、先行馬を見極めるなら東京での格の高いレースでの実績の有無で判断となるでしょう。

 

【PR】

 

ヴィクトリアマイルのおすすめ予想

 

ヴィクトリアマイルは荒れる傾向にあるレースとなるので、いかに本命と穴馬を見分けるかというところにポイントがあります。
馬齢は4歳、5歳を中心に前年の覇者、連対馬が出走するのであれば中心視、また、ドバイ等の海外組も有力候補というのが実績、傾向からの正攻法となりそうです。
相手はステップとして阪神牝馬ステークスからの参戦での馬券圏内率を重視しますが、阪神牝馬ステークスでの上位馬が好走例が少なく、逆に阪神牝馬ステークスでの着順が悪かった実績上位馬の好走例が多い事から、着順や人気よりもあくまでも実績のある競走馬、具体的には東京競馬場での連対率、東京開催のG1での好走実績、クラシックでの実績等をトータルで加味しての判断が必要となっています。
また、過去波乱を呼び込んだ競走馬は当日のレースでは下位人気になっていても、前走では連対~掲示板確保と凡走していたわけではない例が多いです。
中心はあくまで4歳馬、5歳馬ですが、穴を狙うのであれば6歳馬も実はありで、そもそも牝馬で6歳となると出走例も少ない為実績は少ないですが、実績のある競走馬が年齢で人気を落としている様であれば積極的に狙っていきたいところでもあります。

 

【PR】

 

2017年ヴィクトリアマイルの結果検証

 

1着 アドマイヤリード C.ルメール 6番人気
2着 デンコウアンジュ 蛯名正義 11番人気
3着 ジュールポレール 幸英明 7番人気

 

2017年のヴィクトリアマイルは1着に6番人気のアドマイヤリード、2着に11番人気のデンコウアンジュ、3着に7番人気のジュールポレールとなりました。
上位人気は1番人気がミッキークイーン、2番人気がルージュバック、3番人気がレッツゴードンキと実績馬で、その実績から人気を集めましたが掲示板にも届かない惨敗となっています。
ステップとして有力な阪神牝馬ステークスからアドマイヤリード、ジュールポレール、福島牝馬ステークスからのデンコウアンジュも阪神牝馬ステークスを使っていた事から、阪神牝馬ステークスが有力という傾向は変わりませんでしたが、1番人気のミッキークイーンも阪神牝馬ステークス1着からの出走という点で、軸馬選びがポイントを分けた結果とも言えます。
上位人気馬が全て負けるというのは珍しいですが波乱の多いヴィクトリアマイルなので、ある程度馬券の幅を広げるのも一つのポイントになりそうです。

 

 

2018年ヴィクトリアマイルの結果検証

 

1着 ジュールポレール 幸英明 8番人気
2着 リスグラシュー 武豊 1番人気
3着 レッドアヴァンセ 北村友一 7番人気

 

2018年のヴィクトリアマイルは1着に8番人気のジュールポレール、2着に1番人気のリスグラシュー、3着に7番人気のレッドアヴァンセとなりました。
馬券圏内に入った3頭とも阪神牝馬ステークスを使っており、掲示板までを確保していました。
前年3着のジュールポレールはリピーターとして勝ちましたが、前年覇者のアドマイヤリードは阪神牝馬ステークスを使っての出走から敗戦となり、一概に好結果となっていない点が注意点となりそうです。
歴史が長くないわりにはリピーターが多いレースですが、その中でどの馬がその時に状態が良いのか、衰えていないのか等、しっかりと見極めていく事が重要になりそうです。
傾向としては阪神牝馬ステークスが有力ステップとしての重要度を高めており、重賞での好走実績のがあるというのが一つのラインになっています。
G1では比較的荒れやすいレースでもあるので、人気にとらわれすぎず、しっかりと見極めましょう。