天皇賞・春の傾向と予想のポイント

天皇賞・春の傾向と予想のポイント

競馬場:京都競馬場
距離:3200m(芝)
コース:右回り
年齢性別:4歳上(牡・牝)
開催時期:4月末
国際 指定

 

【PR】

 

天皇賞・春

 

天皇賞・春は日本のG1レースで最長となる3200mの距離を走るレースであり、日本でステイヤーが注目される数少ないレースとなります。
天皇賞・春の勝ち馬は活躍馬が多いのが特徴で、3200mを勝ち切れる力がある事は能力の高さの証明とも言えます。
レースとしては3200mという距離は日本では特殊であり、長い距離を走る為必然的に長い時間のレース、そしてメインスタンド前を2回通る事になる為、競馬ファンの中には一番好きなレースとして位置づけしている方も多いレースとなっています。

 

【PR】

 

天皇賞・春の傾向と予想のポイント

 

天皇賞・春の予想をする上で最も注目すべきは1番人気の成績不振になるでしょう。
1番人気の連対率や複勝率の悪さは際立っており、それは3200mという距離による部分が多く、長距離レースが少ない事で距離適性を図り切れないという側面があります。
ただ、2番人気や3番人気の成績はそれほど悪いわけではなく、決して人気馬が来ないレースではありません。
ただ、1番人気の不振はそのまま高配当につながるので馬連でも高配当という事も多々あります。

 

ステップレースとして注目したいレースが長距離のダイヤモンドステークスと阪神大賞典、そして日経賞とG1に昇格した大阪杯です。
特に天皇賞・春の登竜門としての位置付けの強い阪神大賞典と日経賞から好走馬が多く、勝ち馬や上位人気に押されていた馬には注目したいところです。
また、大阪杯も複勝圏内率が良く、G1に昇格した事によって今後、さらに影響力が大きくなる可能性もあります。
長距離ですからスタミナはもちろんですが、2000mクラスのレースで勝負できるスピードも欲しいところです。
G1実績はそれほど重要ではない傾向にありますが、2000m等の中距離のレースでの連対実績のある馬の天皇賞・春の好走例は多く、その辺りが線引きをするラインになりそうです。
そして、距離が長いので使い込んでいない馬の方が有利です。
年明けから2~3戦の有力馬がいれば、人気はなくても積極的に狙ってもいいかもしれません。

 

産駒ではステイゴールド産駒の成績が良いですが、複勝圏内率まで視野を広げるとハーツクライ産駒の活躍もあるので出走してきたなら注目したいところです。
決着は差しが圧倒的に多く、逃げ、先行、追い込みよりも差し脚のある馬を見ていく方が良い傾向にあります。
また、距離が長いのでロスなく走れる内枠が有利な傾向にあります。

 

【PR】

 

天皇賞・春のおすすめ予想

 

天皇賞・春は傾向として2番人気、3番人気のどちらかが高確率で連対してくるという過去の実績があるので、2番人気、3番人気のどちらかを中心にするか、もしくは使い込まれていない有力馬を中心に馬券を組むのが正攻法と言えそうです。
3連単では特に荒れる傾向にあるので手を広げるの一つの手段で、消せる馬を消して多点数でというのも十分ありとなります。
基本的に荒れるレースとして予想を組む方が逆に正攻法と言えるレースとなるわけです。
距離、実績、血統から消せる馬と残す馬をしっかり見極める事が出来れば高額配当も十分視野に入るレースとなる事も多いレースなので、軸から相手までしっかり見極めていきたいレースの一つです。

 

【PR】

 

2017年天皇賞・春の結果検証

 

1着 キタサンブラック 武豊 1番人気
2着 シュヴァルグラン 福永祐一 4番人気
3着 サトノダイヤモンド C.ルメール 2番人気

 

2017年の春の天皇賞は1番人気のキタサンブラックが見事人気に応えて1着、2着に4番人気のシュヴァルグラン、3着に2番人気のサトノダイヤモンドという結果になりました。
1番人気が不振な傾向にあるこのレースですが、絶対的な強さを見せているキタサンブラックという部分では傾向通りとはいかなかったのも納得です。
キタサンブラックとシュヴァルグランは有力ステップとなる大阪杯を使ってのレース、サトノダイヤモンドは阪神大賞典からと主要ステップからの実績十分の実力馬で決まったという点は傾向通りとなり、G1に昇格した大阪杯組はよち一層注目していく必要を感じました。
掲示板まで広げても阪神大賞典組という事から、この2レースの重要度を高めていくというのもありだと思います。
今回は堅い決着となりましたが、やはり3200mという距離を考えると荒れる可能性は高くなると予想できる部分も含んでいるでしょう。
ステイヤーの能力、激走の可能性のある競走馬をしっかり見極めていくという部分は今後も必要になるのではないかと思います。

 

 

2018年天皇賞・春の結果検証

 

1着 レインボーライン 岩田康誠 2番人気
2着 シュヴァルグラン H.ボウマン 1番人気
3着 クリンチャー 三浦皇成 4番人気

 

2018年の春の天皇賞はキタサンブラックの引退によってステイヤー向きのカテゴリーとなるこのレースがどう動くのか注目が集まりました。
結果は、1着に2番人気のレインボーライン、2着に1番人気のシュヴァルグラン、3着に4番人気のクリンチャーとなりました。
1着のレインボーライン、3着のクリンチャーは阪神大賞典から、2着のシュヴァルグランは大阪杯からと、前年同様にこの2つのステップから馬券圏内の競走馬が出た事になり、傾向としてこの2レースの重要度は上がってきていると言えるのではないでしょうか。
また、3歳時に菊花賞に出走して好走しているレインボーライン、クリンチャーはステイヤーとしての素質という意味では高いと思われ、菊花賞好走馬というのも一つの判断のポイントになりそうです。
2018年も結果的には荒れませんでしたが、これは傾向が変わってきたのか、それとも近年がまとまってしまったのか、どう判断するかも予想の分かれ目になりそうです。