天皇賞・秋の傾向と予想のポイント

天皇賞・秋の傾向と予想のポイント

競馬場:東京競馬場
距離:2000m(芝)
コース:左回り
年齢性別:3歳上
開催時期:10月末
国際 指定

 

【PR】

 

天皇賞・秋とは

 

天皇賞・秋は競馬で春の秋に開催されている2つの天皇賞の秋開催のレースです。
スポーツにおいて天皇賞が日本で最初に開催されたのは競馬であり、歴史と伝統のある格の高いG1レースでもあります。
秋には中距離レースのG1レースとしてこの天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念があり、この3レースを秋古馬3冠と呼ぶ事もあります。
過去にはテイエムオペラオー、ゼンノロブロイが秋古馬3冠を達成する偉業を成し遂げていますが、ローテーションが厳しく馬の疲労等を考慮して、現在は全てに参戦する事は少なくなっている傾向にある事からもその難しさが伺えます。
その秋古馬3冠の初戦となる天皇賞・秋ですが、近年は1番人気の好走が目立ち、2番人気もまずまずの成績を収めています。
3番人気となると信頼度が落ちてきますが、二桁人気馬が馬券に絡むケースは稀で、本命から中穴までで収まる事の多いレースとなっています。

 

【PR】

 

天皇賞・秋の傾向と予想のポイント

 

天皇賞・秋の傾向ですが、1番人気が馬券に絡む確率はかなりの高確率となっており抜群の安定感を見せています。
2番人気も複勝率50%程となっていますが、3番人気から大きく数字を落としています。
その半面、8番人気以下が馬券に絡む事も極めて稀な傾向にあり、大きく荒れる事の少ない傾向となっています。

 

ステップレースの筆頭は毎日王冠で馬券に絡む事が多く、特に4歳馬、5歳馬に連対馬が集中している点もポイントです。
札幌記念からは勝馬も出ており有力ステップの一つですが、好走の傾向として札幌記念で2着以内でかつ、東京競馬場での重賞勝ちがある点で、ポイントとして押さえておきたいところです。
京都大賞典組とオールカマー組ですが、この2つのレースには2000mのスピード競馬向きの競走馬の出走は少なく、天皇賞・秋とは質が異なる事もあってか近年は馬券に絡む事が稀となっているので、中距離G1勝ち等、よほどの実績馬でなければ人気になっていても注意したいところです。
G1の宝塚記念からの直行も目立ちますが、こちらは連対率も高く注目すべきステップの一つとなっています。

 

年齢では4歳馬、5歳馬が中心になりますが、高齢でも勝馬が出ているレースでもあります。
枠では外枠が苦戦傾向にあり、特に大外枠は厳しい戦績となっているので外枠は割り引きも必要になります。
決着は差し、追い込みが目立ち、東京の長い直線を逃げるのは容易ではない事が伺えます。

 

【PR】

 

天皇賞・秋の予想パターン

 

天皇賞・秋の予想では、圧倒的な数字を残している毎日王冠組が中心となります。
ポイントとして、毎日王冠での勝馬が天皇賞・秋でも勝っている事は稀ですが、好走している競走馬の多くは毎日王冠で上位人気に推されていた競走馬という点です。
毎日王冠から軸を見ていく場合には、毎日王冠の着順に加えて毎日王冠での人気も考慮するのがポイントとなります。
札幌記念組は2着馬までで東京競馬場での重賞勝ちのある競走馬、オールカマー組と京都大賞典組は積極的に狙いにくですが、中距離の実績が抜けているのであれば狙っていきたいところです。
また、G1からの参戦も有力ですが、ここでのポイントは初戦から走れる競走馬かどうかになってくるでしょう。
ステップから見れば上記の様になりますが、天皇賞・秋はレベルの高いレースになる事がほとんどなのでステップよりも実力、実績重視という事も念頭においておきましょう。
また、有力馬でも外枠では力を出せない事も多々あるので、外枠に有力馬が入った時には注意しておきましょう。
東京競馬場は最後の直線が長く、天皇賞・秋では好位差し、追い込みが決まっているので脚質まで加味して軸を決めたいところです。
穴馬は8番人気以下の成績が不振な事から大穴は狙いにくい傾向にありますが、あえて狙うのであれば毎日王冠組からいきたいところです。
毎日王冠で負けていても上がりの早かった競走馬であれば狙い目ですし、他にも東京競馬場での実績の高い馬も狙えます。
天皇賞・秋は有力馬が集まるレースとなり実績や勝負付けも比較的ハッキリとしているので、しっかりと実力と適正を見極めていく事が最大のポイントと言えるでしょう。

 

【PR】

 

2017年の検証結果からの天皇賞・秋

 

1着 キタサンブラック 武豊 1番人気
2着 サトノクラウン M.デムーロ 2番人気
3着 レインボーライン 岩田康誠 13番人気

 

2017年の秋の天皇賞は1番人気のキタサンブラック、2番人気のサトノクラウンが連対し、傾向通りの結果を出しましたが、3着に13番人気のレインボーラインが来た事で波乱を演出した結果となりました。
レインボーラインは前走の宝塚記念5着からの参戦となりましたが、G1での好走歴もあり有力なステップからの参戦で、穴党にとっては狙い目だった競走馬でした。
馬券圏内の3頭が前走宝塚記念からの参戦という点が今回のレースでの注目のポイントで、今後このパターンがどう結果を残していくのか注目です。
4着には毎日王冠からのリアルスティール、5着にも毎日王冠からマカヒキが入ったので、毎日王冠組と宝塚記念組をどう比較していくかが予想のポイントとなるでしょう。
このレースでもやはり外枠は苦戦傾向にあり、有力馬がどの枠に入るかがこのレースのポイントの一つという点は変わりない様に感じます。
キタサンブラックは前で強い競馬の出来る競走馬ですが、キタサンブラックが今年引退する為、今後の中長距離ではどの競走馬が出てくるのか、古馬と若い世代の力関係を改めて見極めていくターンに入るので、ステップや状態をしっかりと確認して予想をしていく必要が強まりそうです。