スプリンターズステークスの傾向と予想のポイント

スプリンターズステークスの傾向と予想のポイント

競馬場:中山競馬場
距離:芝1200m(芝)
コース:右回り
年齢性別:3歳上
時期:10月
国際 指定

 

【PR】

 

スプリンターズステークスとは

 

スプリンターズステークスは秋のG1シリーズの開幕戦となる芝1200mで行われる短距離戦であり、短距離路線を歩む競走馬にとっては春の高松宮記念と秋のスプリンターズステークスは大きな目標となるレースとなっています。
過去には歴史的短距離馬であるロードカナロアを筆頭にサクラバクシンオー、ビリーヴといった名短距離馬が誕生し、優勝馬に名を連ねています。
1番人気~3番人気までの競走馬でのワンツーフィニッシュも比較的多く固めの決着も目立ちますが、下位人気が穴を開けているケースも多く、堅い軸に相手で荒れるというパターンが目立つレースでもあります。

 

【PR】

 

スプリンターズステークスの傾向と予想のポイント

 

スプリンターズステークスの傾向として、高松宮記念の連対馬のうち一頭は連対するという傾向があります。
同じ1200mであっても中京競馬場と中山競馬場ではコース形態も変わり、高松宮記念で好走してもスプリンターズステークスで好走出来るとは限らないと言われていましたが、近年ではその傾向も薄れていると言えます。
しかし、それでも連対馬のうち1頭は好走出来ないケースも目立ち、中山に向かない脚質の競走馬が人気を裏切る傾向は根強いと言えます。
そこがスプリンターズステークスで下位人気馬が穴を開ける要因にもなっており、馬券の狙い目にもなっていると言えるでしょう。

 

ステップとしてはセントウルステークスとサマースプリントシリーズからの参戦がメインとなっており、高松宮記念、安田記念、ヴィクトリアマイルといったG1からの直行組も比較的有力という構図となっています。
ステップで有力なのはセントウルステークス組で馬券に絡むケースが多く、次にサマースプリントシリーズのキーンランドカップ、北九州記念は勝ち馬も出ています。
G1からの直行組が勝った時の勝ち馬の実績として、G2以上のレースでの勝ちがある競走馬が馬券に絡む条件となっています。

 

産駒では非サンデー系の活躍が目立ち、クロフネ、キングカメハメハ産駒が活躍、サンデー系ではフジキセキ産駒が好成績を収めており、サンデー系の評価が低くなりがちなこのレースでは狙い目となっていました。
しかし、2015年の馬場改修によりサンデー系にも合う様になっており、サンデー系もこれからは特に割り引く必要はないでしょう。
逆に期待を裏切っているのがサクラバクシンオー産駒で、ここでは人気に押されていても注意したいところです。
年齢では4歳馬、5歳馬が中心で、タイトなレースとなる芝1200mでの経験の少ない3歳馬と年齢的な衰えが見え始める6歳以上は厳しい戦績となっています。
決着は逃げ、先行から差しまでが多く、追い込み勢は厳しい結果となっています。
また、逃げての粘り込みで馬券に絡むパターンがあるので逃げ馬には注意したいところです。

 

【PR】

 

スプリンターズステークスの予想パターン

 

スプリンターズステークスは前述の通り、高松宮記念で馬券に絡んだ競走馬の好走実績が高いのが特徴となっています。
高松宮記念よりもスピードを求められるコースとなるスプリンターズステークスですから、スピードのある馬、中山実績のある馬でかつ、高松宮記念で馬券に絡んだ競走馬が軸になるのは自然な流れとなります。
軸、相手の判断としては前走となるステップではG1からの臨戦であれば実績重視で、G2のタイトルか、G1では馬券に絡むといった複勝圏内の実績はほしいところです。
穴候補としては、前走で掲示板を外して人気を落とした実績馬で、条件としては当然スプリントでの実績がある競走馬という事になるでしょう。
また、逃げての粘りこみも多いのが特徴としてあるので、逃げが予想される競走馬を抑えるのも穴馬狙いのポイントの一つとなります。
馬券の構成的に本命サイドが軸になりやすいレースですが、それに逆らわずに軸を決めて相手から穴を狙っていくというのが本命でも穴でも狙いやすいレースになるのではないかと思います。

 

【PR】

 

2017年の検証結果からのスプリンターズステークス

 

1着 レッドファルクス M.デムーロ 1番人気
2着 レッツゴードンキ 岩田康誠 5番人気
3着 ワンスインナムーン 石橋脩 7番人気

 

2017年のスプリンターズステークスは1番人気のレッドファルクスが1番人気に応えて1着、2着には5番人気のレッツゴードンキ、3着には7番人気のワンスインナムーンが入りました。
傾向として高松宮記念の連対馬が絡む傾向も当てはまり、高松宮記念2着のレッツゴードンキが2着に連対しました。
レッドファルクスに関しても高松宮記念3着だったので、高松宮記念とスプリンターズステークスが結びつかないという事はないという結果も現れた形となりました。
ワンスインナムーンは高松宮記念で大敗してから夏に立て直してきた印象で、1600万以下、オープンと連勝しての参戦での3着という事で、穴を空けるヒモとして夏の上がり馬というのもポイントになるでしょう。
今回の結果では主要ステップであるセントウルステークス出走馬が絡んでいませんが、セントウルステークスを筆頭にしたサマースプリントシリーズからの出走馬の重要度が今回の結果で下がったわけではなく、重要度は変わらないと思います。
G1からの直行組や高松宮記念の連対馬は特に注目するポイントではありますが、前走でしっかりと重賞を叩いてきた競走馬、そして夏の上がり馬との力関係を見ていく事が今後の予想のポイントになりそうです。

 

 

2018年の検証結果からのスプリンターズステークス

 

1着 ファインニードル 川田将雅 1番人気
2着 ラブカンプー 和田竜二 11番人気
3着 ラインスピリット 武豊 13番人気

 

2018年のスプリンターズステークスは1番人気のファインニードルが1着と人気に答えましたが、2着には11番人気のラブカンプー、3着には13番人気のラインスピリットが入るという波乱のレースとなりました。
3頭ともセントウルステークスからの出走組、そして3頭ともセントウルステークスで掲示板に入っていた点から、セントウルステークスの重要度は高まったと言えるでしょう。
北九州記念からダイメイプリンセスが4着、、キーンランドカップからレッツゴードンキが5着と来ているので、夏に一度使っているのであればこのローテーションが引き続き重要と言えそうです。
ファインニードルが勝った事で高松宮記念での連対馬が連対する傾向も健在となっているのでポイントとして押さえておきましょう。