桜花賞の傾向と予想のポイント

桜花賞の傾向と予想のポイント

競馬場:阪神競馬場
距離:1600m(芝)
コース:右回り
年齢性別:3歳(牝馬限定)
時期:4月
国際 指定

 

【PR】

 

桜花賞とは

 

桜花賞は3歳クラシックレースの1つであり、3歳牝馬三冠の対象レースでもあります。
牝馬にとっては目標とするレースの一つであり、この時期の1600mという距離は短距離、マイル適正の競走馬から中距離路線が本線の競走馬までの視野に入りやすい距離であり、このレースが3歳牝馬にとって今後の試金石になっているという傾向もあります。
ウォッカ、ダイワスカーレット、アパパネ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナといった名牝が通った道であり、牝馬にとって重要なレースであることは確かでしょう。

 

【PR】

 

桜花賞の傾向と予想のポイント

 

桜花賞は近年は比較的堅い決着となっている傾向にありますが、時折荒れるという、馬券予想的には買い方を悩ませるレースとなっています。
荒れた時の傾向は、桜花賞は同じ舞台となる2歳G1の阪神JF組の1桁着順の馬が人気薄で飛び込むという形が多く、その点は押さえておくと良いかもしれません。
ステップとしてはチューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネステークスが3大ステップと言われていますが、チューリップ賞からのローテーションが一つ抜きんでて好結果を残しており、フィリーズレビュー、アネモネステークスにクイーンカップとエルフィンステークス組が追随する形と変化してきています。
また、桜花賞はどちらかというと素質馬の活躍が目立ち、新馬戦をすんなり勝ち上がってきた素質馬等の方がレース数をこなしてきた叩き上げの競走馬よりも分が良い傾向にもあります。
産駒としてはディープインパクト産駒が強さを示している舞台ではありますが、非SS系としてキングカメハメハ産駒の成績も良く、どちらかの良血馬、有力馬は注視しておきたいところです。
枠順については外枠が好成績にある傾向にあり内枠の馬が勝った時にはスローペースであったという過去もある為、内枠に逃げ、先行で前で勝負する馬が入っている時は注意も必要かもしれません。
決着としては追い込みが決まっている時が多く、ディープインパクト産駒の父譲りの末脚が炸裂している印象です。逆に逃げ、先行の分が極端に悪いのが特徴となっているので、末脚のある馬には注意しておきたいところです。

 

【PR】

 

桜花賞のおすすめ予想

 

桜花賞は堅い決着が多く、時折荒れる傾向にあるので押さえるところはしっかりと押さえておく方が賢明です。チューリップ賞組の連対率の高さ、実績から軸としての中心視をするのはチューリップ賞組、前走が他のステップレースの場合は3着まで、もしくはタイム差が僅差な場合となり、ディープインパクト産駒の連対率も信頼していい材料となっているので、この要素を組み合わせて軸の選定をしていくのが正攻法となるでしょう。
穴馬券を狙うのであればチューリップ賞組から着順問わず能力上位から、もしくは他のステップレースでの上位馬からという形になるでしょう。
他ステップからでもこれまでの出走数が少なく、相性の良いディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒、阪神JFで1桁着順に入っていた馬等が外枠に入っていたり等、枠順や臨戦態勢によっては一発の波乱も十分にあるのが3歳戦でもあるので、能力以上に枠が決まってからじっくりと予想を組み立てていくのが良いのではないでしょうか。

 

【PR】

 

2017年桜花賞の結果検証

 

1着 レーヌミノル 池添謙一 8番人気
2着 リスグラシュー 武豊 3番人気
3着 ソウルスターリング C.ルメール 1番人気

 

2017年の桜花賞では有力種牡馬産駒の出走が少なく、フランケル産駒が注目されるレースとなりました。
最有力と見られたフランケル産駒のソウルスターリングでしたが好位から前へ出たレーヌミノルを捉えきれず、後方からリスグラシューに差されるというレースとなりました。
傾向としてフィリーズレビュー2着のレーヌミノル、チューリップ賞の1着、3着のソウルスターリングとリスグラシューと傾向通りではありましたが、レーヌミノルが1着、リスグラシューが2着となった事で馬連、馬単、3連単では高配当の馬券になったと言えます。
馬場状態が荒れれば馬券も荒れる傾向にあるのが競馬なので、当日の馬場状態も加味して、堅く決まるか荒れるかの見極めは必要ですが、傾向としては過去の傾向から見ていけたレースとなりました。

 

 

2018年桜花賞の結果検証

 

1着 アーモンドアイ C.ルメール 2番人気
2着 ラッキーライラック 石橋脩 1番人気
3着 リリーノーブル 川田将雅 3番人気

 

2018年の桜花賞は2017年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったラッキーライラックに注目が集まりましたが、2番人気のアーモンドアイが1着、2着にラッキーライラック、3着にはリリーノーブルという結果になりました。
オッズ的にはラッキーライラックとアーモンドアイの2頭が抜けたオッズとなり、リリーノーブルも3番人気だったので堅い決着になっています。
シンザン記念からの参戦となったアーモンドアイですが、前走を牡馬相手に圧勝してのレースであり、格の違いを感じさせる牝馬でした。
2着のラッキーライラックと3着のリリーノーブルは主要ステップの筆頭であるチューリップ賞からという事で傾向通りであり、勝ったアーモンドアイが特別と見る方が良いでしょう。
チューリップ賞が連対率が高くなる傾向という点を念頭におき、そこから実力、能力、完成度を見極めていくのが重要になりそうです。