オークスの傾向と予想のポイント

オークスの傾向と予想のポイント

競馬場:東京競馬場
距離:2400m(芝)
コース:左回り
年齢性別:3歳(牝)
開催時期:5月
国際 指定

 

【PR】

 

オークス

 

オークスは牝馬3冠の第2戦となるレースであり、牝馬3冠レースの中で最も厳しいレースだとも言われています。
東京競馬場の2400mというタフなコースでは、スピード、スタミナのどちらも要求され、真の3歳女王を決めるに相応しい舞台となります。
牝馬1冠目の桜花賞から大幅に距離も伸び、距離適正が未知数になる為、どこまで適正を見極められるかがポイントの一つにもなってきます。

 

【PR】

 

オークスの傾向と予想のポイント

 

近年の傾向として、上位人気で決まる事も多い反面、馬連で万馬券という高配当が出ており、荒れる時は荒れるレースだと言えます。
人気面では、1番人気は比較的好走しているケースが多い反面、2番人気、3番人気がやや物足りない結果となっています。これは主要ステップとなる桜花賞からの距離延長により、未知数の部分の影響が出ていると考えられます。

 

ステップレースとして筆頭となるのは当然桜花賞で、桜花賞からの出走頭数も当然多いですが、近年で馬券に絡まなかった事は無いので主力といえるでしょう。
次に忘れな草賞ですが、勝ち負けがハッキリしているのが傾向としてあり、賞金不足、抽選等で桜花賞に出走出来なかったり、デビューが遅く桜花賞に間に合わなかった競走馬が忘れな草賞で勝ってから来ている場合は注意が必要です。
フローラステークス組は傾向として2着、3着に飛び込む事が多く、相手候補としては有力となっています。
ステップで注視したいポイントは、桜花賞以外のステップからなら前走1着がポイントとなる点でしょう。
それだけ桜花賞からオークスというのが有力馬にとっての定番のローテーションであり、その他の有力馬であれば、他のレースを勝ちきれるレベルでないとオークスを勝つのは難しいという事です。

 

脚質では断然差しの傾向となっており、東京競馬場の長い直線を逃げ、先行で勝ち切るのは難しいという事が伺えます。
ただし、牡馬相手の重賞での実績、東京競馬場での実績も含めて能力が抜けている場合に限り、相手候補として見ていきたいところです。
産駒としてはデーィープインパクト産駒は比較的強い傾向にあり、ライバルのキングカメハメハ産駒はもう一つ結果が出ていません。
穴としてはゼンノロブロイ産駒で、距離適性の相性が良いので狙うのありでしょう。

 

【PR】

 

オークスのおすすめ予想

 

オークスの予想では荒れるか荒れないかの判断も重要なポイントで、桜花賞馬の惨敗、桜花賞からの巻き返しが予想のポイントとなります。
判断基準としては桜花賞から距離が800mも延長となるので前走までのレースで使っていた距離と実績に注目して、中距離の実績のある競走馬の人気を見ながら判断していくと良いでしょう。
短距離やマイル中心の競走馬はオークスでは厳しく、桜花賞では負けていても中距離実績のある競走馬を軸にしていき、相手にも同様に桜花賞参戦馬の桜花賞までの競争実績、そこに忘れな草賞、フローラステークス組の1着馬を加えて判断していくのが正攻法となりそうです。
穴狙いとして、人気薄同士での決着は稀なレースとなるので、あくまで一桁人気の競走馬で巻き返しの可能性を秘めた競走馬を狙うというのがポイントとなり、狙っていくなら人気になりにくい忘れな草賞、フローラステークスの1着馬、大穴ならスイートピーステークスの1着馬をという感じになるのではないでしょうか。
桜花賞組はどうしても注目を集める傾向にある中で、どう判断していくかが重要なポイントとなっています。

 

【PR】

 

2017年オークスの結果検証

 

1着 ソウルスターリング C.ルメール 1番人気
2着 モズカッチャン 和田竜二 6番人気
3着 アドマイヤミヤビ M.デムーロ 2番人気

 

2017年のオークスは1番人気のソウルスターリングが1着、2着に6番人気のモズカッチャン、3着に2番人気のアドマイヤミヤビとなりました。
傾向的には1番人気の好走、主要ステップである桜花賞組と、他のレースからでは前走1着馬の組み合わせという事で大きな変化はありませんでした。
特徴としては桜花賞1着馬のレーヌミノルが4番人気と予想以上に人気にならず、結果としても13着となった事でしょう。
それだけ距離適性、能力、素質を判断されているという事の裏返しでもあると思います。
傾向としてきになった部分は産駒の部分で、フランケル、ハーツクライ、ハービンジャーと異なる系統の産駒が好走した事です。
東京競馬場という長い直線は能力を試されるコースでもあるので、どの競走馬が強いのか、その見極めをしっかりとしていきましょう。

 

 

2018年オークスの結果検証

 

1着 アーモンドアイ C.ルメール 1番人気
2着 リリーノーブル 川田将雅 4番人気
3着 ラッキーライラック 石橋脩 2番人気

 

2018年のオークスは1着に1番人気のアーモンドアイ、2着に4番人気のリリーノーブル、3着に2番人気のラッキーライラックとなり、堅い決着で決まりました。
今回のオークスはアーモンドアイの強さを示したレースであり、桜花賞同様にアーモンドアイという競走馬のポテンシャルの凄さを感じるレースにもなりました。
傾向としても1番人気の好走率、桜花賞組の好走と変化はありませんでした。
桜花賞の1着~3着馬がオークスでも1着~3着になったという事で、桜花賞好走馬の重要度の高さを改めて感じました。
ただ、今回のレースは単純にアーモンドアイが強すぎたという部分もあるので、ある意味特殊なレースだったとも言えますが、逆に、これだけ強い競走馬が出てきた時は逆らわないという事も言えるでしょう。
大きな傾向の変化はありませんでしたが、ここ2年が堅い決着で決まっているだけに、今後どうなるのか、翌年は荒れるのか注目していきたいレースでもありました。、