競馬|ワイド馬券の特徴と攻略

競馬|ワイド馬券の特徴と攻略

【PR】

 

ワイド馬券の正式名称は「拡大馬番連勝複式」です。
ワイド馬券が具体的にどういった馬券なのかというと、1着~3着に入る馬の内、2頭を的中させる馬券となります。
また、その着順は順不同で良く、その分予想難易度は低く、的中率の高い馬券種に分類されるものとなっています。
競馬では1着になる確率を示す勝率、2着までに入る連対率、3着までに入る複勝率というものが存在します。
これは3着までの結果が勝馬投票券、いわゆる馬券に絡む事から、競馬を馬券で楽しんでいる人間にとっては重要な要素となっており、それ以降は掲示板には5着まで表示される事から「掲示板まで(3着には入れずに4着や5着)」「掲示板を外す(6着以降の着順)」といった表現がされます。
勝率、連対率、複勝率とある中で、一番予想が的中し易いのは3着までに入れば良い複勝率であり、その複勝に入る馬を2頭予想するのがワイド馬券の基本となっています。

 

競馬 ワイド,馬券,買い方

 

【PR】

 

ワイド馬券の攻略

 

ワイド馬券では3着までに入る2頭を予想するので、例えば、1着をA、2着をB、3着をCとした場合、予想の的中の組み合わせは、AとB、AとC、BとCの3通りが存在します。
ワイド馬券は基本的に複勝よりも配当は大きくなりますが、大きな配当を狙える馬券ではありません。
それは的中が3通りある事、馬連よりも難易度が低い事等の要素もあり、ワイドを買うなら難易度は上がっても、配当の多い馬連や3連復を狙う人も多いのが現状となっています。
馬連は1着と2着を予想するもの、3連復は1着から3着までに入る3頭を順不同で予想するものですが、その配当にはやはり確かな差が存在するのも事実です。
しかし、実は馬連、3連復は予想難易度は高く、ワイドにしておけば的中していたという馬券も結構多いのもまた事実です。
的中しなければ勝つ事は出来ないのはギャンブルの常ですが、ワイド馬券は意外に的中率を確保し易い馬券でもあり、ワイド馬券にも高額配当を狙うチャンスが無いわけではありません。
一つ一つの配当を見れば少なく感じてしまうものですが、ワイドでの3通りの結果を全て的中させる事、俗に言う「トリプル的中」を出していく事が出来ればそれなりの高配当を手にする事も可能です。
トリプル的中=3連復でも的中、こういう図式となる為、3連復で買っておけば良かったと思う時もあるでしょうが、1頭がこなかった場合でも的中を拾えているという「保険の要素」を加味すれば、ワイドが大きなメリットを含んだ優秀な馬券である事がわかるかと思います。
ワイド馬券の最大の魅力は、「可能性を広げる」事であり、ワイド馬券は買う馬を増やしても購入点数が大きく増えていく事はそれ程ないので、購入点数を増やして穴馬を狙っていく事も可能です。
もちろん配当が若干低い事で広げすぎると火傷をしますが、それでも穴馬を狙いやすい馬券として、選択肢に入り得るものではあるでしょう。
基本的な買い方としては、まず前提として1点的中で狙っていくか、もしくはトリプル的中を狙っていくかといった攻略になっていくでしょうが、そこに気になる穴馬を少し加えていくといったものも主流となります。
配当の低さは購入金額を増やす事、厚く張っていく事で補える部分も当然あるので、自信があれば少ない購入点数で大きく買っていくのも良いでしょう。

 

【PR】

 

ワイド点数早見表

 

ワイドボックス 購入点数早見表

 

競馬 馬連,点数,早見表

 

ワイド軸流し 購入点数早見表

 

競馬 馬連,点数,早見表

 

ワイド馬券の応用

 

ワイドは他の馬券と並行して利用するのであれば、単勝、複勝との組み合わせが好相性となります。
自信のある馬で単勝や複勝で馬券を買い、その馬に加えて3着までに入る馬を2頭程加えてワイドを購入するという攻略法です。
この買い方のメリットは、単勝、複勝、ワイドでの的中で払い戻しを大きくする事に加えて、自信のある馬が2着や3着となり単勝では的中しなくても、複勝で的中したという際の配当の低さをワイドでも買う事によって低配当の底上げが出来るという点です。
単勝や複勝というのは自信のある馬をチョイスしている事が多いので、そこにもう一つ加える、加算式の攻略となり、ワイドの使い方として多くの方が取り入れている方法となります。
また、ワイド馬券の応用としては、馬連、馬単、3連復、3連単の押さえといった利用もポピュラーなものとなっています。
押さえとして利用する際、基本的には一番自信のある軸馬に気になる穴馬を絡めての押さえるという利用が配当的にも魅力的になります。
人気馬同士での決着の場合は高配当を狙えないのがその理由で、人気馬同士で攻略するのであれば、それぞれ馬連、馬単、3連復、3連単で買っていく方が堅い戦略となりますし、その式別で人気同士の馬券を足す方が良いでしょう。
具体的には、3連復のボックスやフォーメーションでも1頭を足すだけで買い目が大きく増えるので、自分の自信のある馬や軸馬に対して気になる穴馬を1頭や2頭で買うというのはとても効果的です。
極端に言えば、「買い目に入れていない気になる馬を、買い目を出来るだけ増やさずに押さえておく」という時の手段の一つとして利用するという事です。
押さえというのはあくまで本線ではなく、もし予想が外れるなら、その時に来るのはこの馬だろうという予想の上にあるものでもあるので、押さえは増やしすぎない様にする事も大切ですし、そのポイントを忘れずに利用していければ、意外な馬券が取れたり、本線が外れた時の傷が浅くすむ場合も多々あります。

 

【PR】

 

ワイド馬券を臨機応変に利用する

 

ワイド馬券は本線としても押さえとしても利用できる事、そして購入点数を少なく、広い馬券、広い着順で馬券を買う事が出来るというのが最大の特徴でありメリットとなるのではないかと思います。
それはいつでも発揮出来るものではなく、どの馬券にも言える事ですが、どの馬券にも言える事ですが、良くも悪くも利用する状況を選ぶ馬券でもあります。
例えば、一番人気の単勝オッズが3倍以上の時は荒れる可能性のあるレースだという見解もありますが、そういった荒れるレースで穴馬を絡めて馬券を買う際には、3連復や3連単では点数が増えてしまいがちになります。ですがワイド狙う事で点数をある程度押さえながら広く狙う事が出来ます。
どうしても点数を絞りきれないレースがあった時に、一度ワイドでの馬券で考えてみて下さい。
たしかに的中した時の配当的にはデメリットを感じるかもしれませんが、配当が少ない分、少ない点数で広く受ける事が可能であり、利用しやすい馬券である事を実感してもらえると思います。
買い目というのはどう購入するかというのも一つのポイントであり、普段利用している馬券意外にもそれぞれメリットが存在します。
どうメリットを活かしていくかが、今日の勝ち、明日の勝ちにつながる事は多くありますので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

 

【PR】