馬券の種類(式別、方式)の特徴

馬券(式別、方式)の種類

馬券には様々な買い方があります。臨機応変に状況に合わせた馬券の購入をする事で的中や勝率を上げる事も可能です。その馬券の種類の特徴や応用方法をそれぞれ紹介していきます。

 

競馬の馬券には式別(単勝、複勝、枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単)と方式(流し、ボックス、フォーメーション)があり、それともう一つ、WIN5というものがあります。
上手に組み合わせる事で色々な馬券を買う事が出来るので、馬券術向上の為には是非活用したいところです。

 

【PR】

馬券の種類(式別、方式)の特徴記事一覧

【PR】単勝馬券は競馬をギャンブルとして捉えた際の基礎となる部分でもあります。それは、単勝オッズによって他の馬券のオッズが大きく影響を受ける為です。その単勝馬券、単勝オッズはどうやって作られているのか、単勝馬券の特徴等と共に解説していきます。単勝馬券の買い方単勝馬券はレースに勝つ馬、1着になる馬を当てるという至ってシンプルな馬券となります。競馬というのは1着というものがとても重要視されるスポーツで...

【PR】複勝馬券とは、対象のレースで3着以内に入る1頭を予想する馬券となります。したがって、複勝の的中は毎レース3頭出てくるという事になります。また、複勝馬券のオッズは他の馬券と違うのも特徴で、上限と下限がオッズとして出ています。人気馬と一緒に複勝圏内に入るとオッズが下限に近い配当になり、逆に人気薄の馬と一緒に複勝圏内に入ると上限に近い配当になります。売上からJRAの控除率を引いた金額を馬券的中者...

【PR】枠連馬券とはレース毎に決められる枠番の馬の1着、2着を的中させる馬券となります。この時、1着と2着は順不同で良く、1着と2着の順番まで的中させる予想ではありません。まずこの枠番というのは、1番から8番までと決められています。1レースでの出走頭数は現在の日本の競馬では最大で18頭までとなり、10頭以上でのレースが多い為、1つの枠番に1頭から多い時(17頭立てか18頭立て)には3頭という割り振...

【PR】馬連とは1着と2着の馬を的中させる予想であり、予想した馬は1着2着の着順には順不同で良い馬券となります。単純に順不同で良い馬券というのは買い目がその分少なくなるので予想をしやすく裏目(1着と2着が逆だったら的中しているといった事等)がくるという心配もなく買いやすい馬券となります。その分配当は低くはなりますが、それでも馬連で万馬券というのは比較的出現しやすい事が人気の理由の1つとなっています...

【PR】馬単馬券は1着と2着を着順まで予想して的中させる馬券となります。馬連と近い馬券ではありますが、馬連と違い着順まで予想する分、買い目は多くなります。単純に馬番②番と④番の馬券を買うにしても、馬連では②④で1点での買い目となりますが、馬単では②④と④②の2点の2通りとなり、その点からも馬連よりも点数が多くなるという事がわかるかと思います。一見すると買い目が増える事でデメリットに感じるかもしれま...

【PR】ワイド馬券の正式名称は「拡大馬番連勝複式」です。ワイド馬券が具体的にどういった馬券なのかというと、1着~3着に入る馬の内、2頭を的中させる馬券となります。また、その着順は順不同で良く、その分予想難易度は低く、的中率の高い馬券種に分類されるものとなっています。競馬では1着になる確率を示す勝率、2着までに入る連対率、3着までに入る複勝率というものが存在します。これは3着までの結果が勝馬投票券、...

【PR】3連復とは、1着から3着までの3頭全てを順不同で的中させる馬券です。同じ3連系と言われる3連単と比較した場合、的中率も高い上に買い目も絞りやすく、3着までに1頭は人気薄の馬が入る事も珍しくないので、高額な配当、万馬券もコンスタントに出現する馬券であり、高額配当狙いの方が比較的好む馬券です。そこに大きなメリットがあるので人気の高い馬券でもあります。ただ、逆に3連復は1着から3着までを予想する...

【PR】3連単馬券は高額配当を最も狙いやすく、的中させる事が難しい馬券となります。まず1着、2着、3着を着順通りに予想して的中させるという事で、予想の難易度は難しいものとなります。また、配当も1つの着順の違いで大きくかわり、人気馬の着順が2着や3着になるだけで配当は大きく跳ね上がります。過去には2000万を超える高額配当も飛び出しているほどで、一攫千金の夢のある馬券でもあるわけです。【PR】3連単...